メニュー

AGAの治療

AGAとは、"Androgenetic Alopecia" の略で、文字通りに訳せば「男性ホルモン型脱毛症」となります。一般的には「男性型脱毛症」のことです。

 壮年期の男性の悩みである、特徴的な「M字」パターンとなる額の生え際の後退や頭頂部が薄くなるのが男性型脱毛症(AGA)です。AGAは遺伝的な要素が大きく関わっており、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)の作用によって引き起こされることがわかっています。男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であるホルモンですが、それだけでなく男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つホルモンです。

髪の毛にも他の細胞と同じように寿命があって、成長期→退行期→休止期→成長期と伸びては抜け、また新しい毛が生えるということを繰り返しています。この髪の毛の生え変わりをヘアサイクルと呼びます。

 AGAでは、ヘアサイクルの成長期が短くなってしまうのが特徴で、ジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)の増加が原因のひとつであることがわかってきました。

 このDHTを阻害する内服薬(フィナステリド、デュタステリド)が開発されたことで、従来の育毛剤治療だけでは得られなかった治療効果が得られるになりました。

当院では、これらの薬剤や他の治療を組み合わせて治療を行います。お悩みの際には、ご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME