メニュー

尿が近い(頻尿)

尿が近い 尿の回数が多い という症状を頻尿といいます。一般的には、朝起きてから寝るまでの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。排尿回数は人によって様々であり、1日に何階以上の排尿回数が異常であるとは言い切れず、回数によらず自分自身の症状として排尿回数が多いと感じる場合には頻尿といえます。

頻尿の原因としては、過活動膀胱、神経因性膀胱、前立腺肥大症、尿路感染症、尿路の炎症、腫瘍、心因性などに分類できます。尿が近い症状、つまり頻尿は生活の質をさげてしまいます。旅行や出かけるのが嫌になってしまったりする原因になります。

夜間頻尿は「夜間に排尿のために1回以上起きなければならないという愁訴」と決められています。夜間頻尿は夜にただ尿が近くて起きないといけないというだけではなく、睡眠障害(不眠)、QOL低下、精神状態悪化、転倒や骨折、活力の低下などさまざまな悪影響が起こります。40歳以上の日本人男女の4500万人が夜間に1回以上、排尿のために起きていると言われています。

夜間頻尿の原因としては、多尿、夜間多尿、膀胱蓄尿障害、睡眠障害が考えれれます。夜間頻尿を起こしやすい内科の病気として、うっ血性心不全、うつ病、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、体液貯留、男性更年期障害(LOH症候群)、糖尿病、不整脈、むずむず足症候群などがあげられます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME